浅草寺の起源について2020年10月14日 10時17分10秒

昨日の続きです。
でも、昨日の話とは全く違います。
今日は浅草寺の起源についての話です。
後でネットで調べてもらえれば詳しく分かりますが、浅草寺起源となった観音様は、地元漁師の2人が隅田川で観音像を見つけ、地元の文化人1名が観音様であることを告げ祀ったことが、浅草寺の起源とされています。 
しかし、観音様は何処から流れてきたのか、は浅草寺の史料には無いようです。
ここで書くことは、観音様が流れ着いた経緯と、元は何処の寺の観音様だったのか、ということを書きますが、あくまでそういう説もあるということを承知おき下さい。

地図

私が現地へ行き調査したのは次のとおりです。
富山県砺波市、JR城端線(じようはなせん)の戸出(といで)駅と油田(あぶらでん)駅から近くに観音様の大元の寺と言われる常福寺があり、この寺の近くに記念公園があります。
いわれは下記文章を読んで下さい。

富山の寺


門柱

記念碑

次に、西武池袋線の飯能駅近くにある歓喜寺です。
ここには写真に書いてあるようないわれがあります。

いわれ
一人の旅僧が歓喜寺(岩井堂)へ持ってきた観音様が、嵐により成木川へ流された、と書いてあります。
観音様が安置されていた岩井堂は、今でも崖っぷちにあり、下のすぐそばには成木川が流れています。

成木川

上の2つの寺のいわれを読んでみると、富山・常福寺の観音様を盗んだ旅僧が、埼玉・歓喜寺へ持ち込み安置し、その後、嵐で観音様が成木川へ流れ出し、浅草の隅田川で拾われ浅草寺に安置された、と読むことが出来そうです。
ただ、常福寺も歓喜寺も自分の寺の観音様であると言っているようで正解はありません。
各寺のいわれを読むと、浅草寺は両寺とも認めているようです。

この他にも、高知県、静岡県、奈良県、愛知県にも観音伝承があるようですが、今のところネットにも情報が無く、確認できていません。
今後とも情報があれば調べていきたいと思います。

これも新型コロナの影響か2020年07月07日 17時30分10秒

浅草には東京オリンピックを目当てに、大小多くのホテルが建ちました。
今も、建設工事を行っているところもあります。
ところが今年、降って湧いたように新型コロナが流行り、ほとんどの産業がダメになりました。
倒産した会社や浅草の老舗のお店も閉店してしまいました。
東京オリンピックを見込んでホテルも多く建ちましたが、今日、買物で国際通りを歩いていた時、工事現場用鉄板で覆われたホテルを見かけました。
倒産したのかな、と思いましたが、この場所はホテルの一等地。
近くに浅草ビューホテルも、同じ並びにあるのです。
しかし、ホテルの競争相手も多いのです。

調べてみたら、あるホテルチェーンのホテルで、閉店したのでした。
そのホテルチェーンを調べたら、各地に結構な数の閉店したホテルがありました。
京都も閉店でしたね。
やはり原因はコロナでした。
体力の無いホテルチェーンから弱くなって行くんですね。

浅草のホテルの一等地、国際通りに、1つだけ白い工事用鉄板に覆われたホテルは違和感がありました。

「すみだリバーウォーク」、もうすぐ開通 !!2020年06月03日 16時00分18秒

今年は那須の茶臼岳を登る予定にしているのですが、定年になって毎日の通勤がなくなり、運動不足を感じていました。
あのエベレストに数回登った三浦雄一郎さんも65歳で非常に運動不足を感じ、両足に重りを付け、数十キロの荷物を背負って毎日歩き、体を鍛えたそうです。

私もその歳くらいから、階段を上るのもおっくうに感じましたね。
そこで私も真似をして、とりあえずは毎日1万歩を目指し歩きました。
町中は信号機ばかりで歩きにくいので、隅田川テラスを歩きました。
浅草の自宅から両国橋までで5,333歩でした。
ここから自宅へ折り返し、自宅へ着いた時は11,657歩になっていました。
なまった体には少しキツかったですね。
若干、腰痛もあるので、この腰痛は腹筋と背筋も弱っているからなるんですよね。
腰痛を直すためにも、明日もコースを変えて1万歩を目指そう !!
終わって腰痛の痛みも強くなったみたいだよ。続くかなぁ。(笑)

ところで、もうすぐ「すみだリバーウォーク」が開通します。
テラスを歩いていて見つけました。建設しているのは知っていましたよ。
すみだリバーウォーク
東武線鉄橋に併設している歩行者専用の黒く見える部分です。無料みたいですよ。

お知らせ



いよいよ始まりました2020年05月19日 11時05分21秒

NHK朝ドラ「エール」の話ですよ。
今週は昨日から早稲田大学の応援歌「紺碧の空」の作曲秘話のようですね。
早稲田大学

私は慶応義塾大学の応援歌「若き血」も好きですよ。
慶応義塾大学

2つとも元は野球の早慶戦から生まれた応援歌のようですが、早稲田も慶応も縁の無い私が2つの応援歌が好きになったのは、隅田川で行われていた「早慶レガッタ」がキッカケでした。
早慶レガッタ

野球だけでなく、隅田川の早慶レガッタも有名で、隅田川岸で早稲田・慶応の応援合戦が行われており、紺碧の空や若き血も生演奏で良く聞いていました。
両方とも良い応援歌です。
こんなにいい応援歌を持つ早稲田や慶応が羨ましく思ったものです。
来年4月の早慶レガッタ、新型コロナウィルスで中止になってしまうでしょうか。
そうなれば残念でなりません。

早稲田大学応援歌「紺碧の空」
https://www.youtube.com/watch?v=AaKrKqxdpXM&feature=emb_rel_end

慶応義塾大学応援歌「若き血」
https://search.yahoo.co.jp/video/search?rkf=2&ei=UTF-8&dd=1&p=%E8%8B%A5%E3%81%8D%E8%A1%80&st=youtube

浅草寺界隈2020年05月07日 18時54分36秒

今日は、郵便局と銀行と100均に用があったので、浅草寺と仲見世は歩かず、囲むように周辺を歩いて回りました。
近所の郵便局と銀行は狭く3密状態になるので避けて別のところへ行ったのです。
周辺の飲食店は半分くらいが開いていましたね。
やはり、これ以上閉店するのは難しいのでしょうね。
仲見世は通っていないので、どうなっているか分かりません。

3密、土地政策ではありませんが、適度な人口密度を守るため、一極集中を防ぐ政策がこれから出て来ますかね。
ワクチンや薬が出来れば、こんなことすぐ忘れるね。
高輪界隈のタワーマンションも旅客機が上空近くを飛んで危険ですけどね。