人形山の雪形2021年01月16日 16時24分28秒

土曜日はいつも午前8時5分から放送の、NHKラジオ第1「石丸謙二郎の山カフェ」を聴いているのです。
午前8時台と午前9時台の放送がありますが、9時台の放送の中で越中・五箇山の「五箇山和紙」と「人形山」の話が紹介されました。
それで、今回は人形山伝説のことを書きたいと思います。
五箇山は伝説と民謡の宝庫でありますが、人形山伝説とは次のとおりです。

その昔、親の病を治す湯がある事を知った姉妹が、山深い五箇山の人形山から湯を持ち帰って親の病を治し、感謝のお礼参りに、当時女人禁制だった人形山に登ったものの、悪天候に遭って行き倒れ、帰らぬ人となってしまいました。それ以降、毎年残雪期になると、2人姉妹が手をつないだ雪形となって現れる、と云う悲しい伝説のある山です。」


山深い里の伝説と言うのも、なんかいいですね。
この伝説は民放の「日本昔ばなし」でも放送されました。

人形山の雪形

また、人形山の雪形(人形)は五箇山(上梨地区)からでも見ることができます。
上梨地区から見た雪形





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kannonura.asablo.jp/blog/2021/01/16/9338148/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。