どういう人が生き残るんだろう2020年05月02日 11時02分39秒

那須・峠の茶屋駐車場
緊急事態宣言が出た後も、数日前までは那須・峠の茶屋駐車場に数十台の車が止まっていました。
先ほどライブカメラで見たところ、カラーコーンと柵でふさがれ駐車できないようになっていました。
確か昨日から設置された気がしますね。
今朝見たときはパトカーが監視していたようですが、強制排除はできないようで、数台の車は止まっていましたね。
もしくは、すでに登山に行ってしまった後だったのでしょうか。

病院の収容人数の少ない地方では、新型コロナウィルスのために医療崩壊が起きやすいのです。
仮に峠の茶屋駐車場に車を止めた人が那須岳登山で遭難した場合、重症であっても病院に収容できないこともあり、現実にそのような医療崩壊が各地で起きています。
これは登山だけでなく、交通事故などでも同じです。
とかく、このように法律を破る人は、利己主義で他人の迷惑を考えない人が多いですね。

ところで、このような伝染病蔓延の中で、食品を買いにスーパーやコンビニには客が詰めかけているようです。
そこで、この中でどのような人が生き残るのか、考えてみました。
まず、ピンと頭に浮かんだのは、横井庄一さんと小野田寛郎さんですね。
この2人を知らない人はウイキペディアで調べて下さいね。
戦後、約30年間もジャングルの中で生き抜いた人達です。
最近流行の楽しいキャンプとは全く違い、蚊やハエ、毒虫がいる中で生き抜いた人達です。

まさか私達はここまでは出来ませんが、田舎の越中・五箇山の亡くなったお義母さんは畑で野菜から果物まで栽培していました。
田舎ですから、隣の家までは数十メートルも離れていますし、外に出ても人は少ないので、あまり立ち話をすることもありません。

このように自給自足で食料に困らない環境にいる田舎の人達が一番強いのかと、思いましたね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kannonura.asablo.jp/blog/2020/05/02/9241847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。