また、起きた2019年11月04日 19時07分31秒

数日前に沖縄の首里城が炎上しました。
にもかかわらず、今日も白川郷の小さな合掌造りが焼けました。
たまたま配電盤が入った小屋だったので、世界遺産ではなく、配電盤を設置するための合掌小屋のようでした。
しかし、近くの世界遺産に延焼する危険性はあったのです。
屋根は茅葺きですからね。

何で、こうも続くのでしょう。
まだ、原因は分かりませんが、何故、すぐに電気設備や消火設備を点検しなかったのでしょうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kannonura.asablo.jp/blog/2019/11/04/9172928/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。