台風による千葉県停電で気になること2019年09月10日 12時29分09秒

関東としては史上最強の台風15号により千葉県で62万戸の停電が起きています。
送電線の鉄塔が2基倒れたことで復旧には時間がかかるようです。
そのようなニュースを見ながら、携帯電話の充電に殺到している人々、食料品や水をもらいにくる人々を見て、非常用品や非常食料を備蓄している家庭が少ないことを感じました。
非常用品は何も地震だけではないのです。
すべての災害に備えるのが非常用品なのです。
「自助・共助・公助」と言われますが、基本は自助であることを国が示しました。
国が全ての国民を助けることは出来ないと表明したのです。
ニュースを見て災害国・日本の行く末が心配になりました。

また、台風15号により千葉県市原市の山倉ダムにある施設「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」から出火というニュースもありました。
太陽光パネルを水面に浮かべているソーラー発電所だそうです。
これにしても、台風が来れば水に浮かべたものはダメになることは誰にも分かります。
何故、こんな簡単で壊れやすいソーラー施設を建設したのか、どのニュースも触れていませんでした。
今回の火災は、どのような理由で建設したのか、と言うことが分かれば理解できると思いましたね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kannonura.asablo.jp/blog/2019/09/10/9151942/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。